ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


私は生まれる前か生まれ落ちてからか、
とにかく生まれる前後に親から名前を貰った。
私は生まれてから20年くらいは(つまり最近まで)
自分の名前はあまり好きではなかった。
友達の名前の方が良い気がする。
隣の芝生は青い?
それでもたまに「いい名前だね」とか
数年に一回くらい誰かに言われることがある。
そしてたまに思い出したように
もしかしたらいい名前かもしれない、と考える。

一年ほど前にバイト先で社員さんに
「お前の名前いいなぁ。オレの親友と同じ名前だ」と
言われたことがあった。
その頃には、自分の名前に悪い気はしなくなっていた。
最近はようやく自分の名前が自分に馴染んできたように思う。
ただの慣れかもしれないが。

人間社会で生きていると自分の名前を書く場面は
たくさんある。
何十回何百回と自分の名前を書いている内に
名前が体に浸透していくようで、少し嬉しいが少し怖い。
名前があることで他と区別される。存在的になる。
自他に境界が生まれる。自己認識が生まれる。
一人の人間として他人に認識される。
代わりの無い存在として(かけがえの無い、ともいう)
一方で私は名前に束縛される。
私は誰よりも睡蓮であると同時に、唯一睡蓮でしかない。
睡蓮という可能性の中でしか生きられない人格だ。
私は単なる睡蓮であって、
龍秀にも語り部にもからくり道化師にも成らない。
そのいずれかに成る可能性は一片も無い。
ただ私は睡蓮であるだけだ。

ただ、今とは違う睡蓮になることはできる。

※文中の「睡蓮」は便宜上本名として使用。

そろそろ醒める?



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 みちブ, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。