ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



Rhinocerosの新しいプラグイン【Grasshopper】を使い始めました。
WIP(work in progress)版みたいなもので誰でも無料DLできる。ユーザーによるフィードバックでドンドン使いやすく改良するためだ。
GrasshopperはRhinocerosの三次元モデリングツールと密接に連携するグラフィカルアルゴリズムエディターだ。
(原文:Grasshopper™ is a graphical algorithm editor tightly integrated with Rhino’s 3-D modeling tools.)


もう完全に数学だが、形の構造を分かりやすく視覚化できる点が画期的だと思う。
あらゆる(全ての?)形の成り立ちや生成過程、製作者の形の構築手順を数式を使わずに追随(トレース)できる仕組みになってる。すごい。これ作った人達がすげー頭良いのは分かる。GUIもとっつきやすい。
090609.jpg
この乾電池みたいなのがコンポーネントで、それらをワイヤで繋いでいって形を作り上げる、ってのがものすごい大まかな流れ。
普通は出来上がった形を見ただけではその制作方法は想像が付かないものがあったりするけど、もしこのソフトで作ったもののコンポーネントの繋がりを見れば形の構造が分かるから同じモノが作れる。すごいすごすぎるー
090609-2.jpg
でも使いこなすまでかなり時間かかりそう。数学理解してないと結構大変。いつもRhinoでモデリングした時とは違う疲労が蓄積される。久しぶりに普段使ってない脳ミソ使ったから疲れるです。
形は突き詰めると全て数学的に表現できるからなー。まさかここまで原点回帰して造形できるようになるとは・・・面白い時代です。
090609-3.jpg
縮小せずにそのまま画面キャプチャ。画像クリックするとピクセル等倍で全体表示されます。
思いっきり数学です。
頭良くなりたいと最近良く思う。



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 みちブ, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。