ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


パネリングツールでサーフェス作成。
シームのところだけサーフェスが作成されない。
080929.jpg
制御点の数やエッジサーフェスをオンにして作成しても改善が見られない。
ダイヤ型の穴もそれはそれで面白いが、意図したものが作れないのは問題だ。
080929-2.jpg

アプローチをかえてみる。
上下二枚のサーフェスに穴を開けてその間に自力で制御点指定を使ってラインを作図後にsweep2コマンドで円筒部分を埋めて、さらにサーフェスと筒のエッジにフィレットをかけてとりあえずの曲面にする。当然サーフェス二枚と筒はjoinコマンドで結合しておく。
080929-3.jpg
上記方法では鍾乳洞のつらら(?)のように天井と地面を滑らかに繋ぐことはできなかった。
いつもならここで詰まる。

しばし考える(・ω・´)むーん

この形状はトポロジー(位相幾何学)的にはトーラス(ドーナツ状)なのだから、上下サーフェスは追及する(連続的に変形させる)と筒のエッジになる。
つまり筒を作ってからそれを制御点編集すれば同じものが作れるはずである。
下記は単純な筒の制御点をリビルドで増加させ表示させたところ。
これをいじっていくことにする。
080929-4.jpg


上端と下端を引っ張るとこんな感じ。
トポロジー的にはどちらも同じ形状である。ここでは両方ともトーラスだ。多分。
自信がないのはこれが厚みの無い一枚の布のようなものだから。
080929-6.jpg
先ほど作ったサーフェス(面)を元にパネリングしてゆく。
080929-7.jpg
やっぱりシーム(継ぎ目・結び目の意)のところだけ作成されない。
これは単純に私がコマンドを理解してないだけと思うけども。

パネルの分割方法を四角形から三角形に。
水色は面の「裏側」を示している。ってことはこの形状はちょっとおかしい。
表裏が交互に出るなんておかしい。
おかしいけど規則性は感じられる。
080929-8.jpg

自分のやってることを友達に分かりやすく説明したいなぁ
聞いてくれっ!



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 みちブ, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。