ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


誰も聞いちゃいねぇが私の雲の描き方をメモ代わりに書き残す。
ソフトはSAI使ってます。SAIに出会ったからこそ雲を描く気になった。
まだ雲を描き始めて間もないので試行錯誤の日々です。

さて
画面上部のすでに描き終わった雲に新たに雲を足したいと思います(゚∀゚)
適当に「この辺に雲がほしいな」て感じで線いれてます<左下


雲の固まりを塗ります。
この際に雲の中で最も暗い部分の色を使います。
c-2.jpg

上の雲とちょっぴり合体。
c-3.jpg

雲の形が不自然なので右側に雲を足しました。
この灰色に塗った範囲内に、これから雲を塗り込んでいきます。
レイヤー分けはしません。
c-4.jpg

雲の凹凸の膨らんだ部分は太陽光が当たって明るくなる。
一番明るい部分がどこかを決めるために、大まかに塗る。
c-5.jpg

光と陰の部分を馴染ませます。
物足りなかったのでモコモコを増やしました。
c-6.jpg

雲にしては線がはっきりしすぎたのでぼかしました。
同時に細かい凹凸も消してます。
c-8.jpg

全体的に平坦でつまらないので凹凸に差をつけました。
雲が立ち上がることで太陽に対しての前面投影面積が増えたので
他の場所よりもモコモコッとしている部分はより明るく(白く)しました。
そういえば光は画面右上から当たってます。
c-9.jpg

もっとモクモク(・ω・´)
c-10.jpg
多分完成。
ちなみに水彩筆で白色オンリー。
・ブラシサイズは解像度によって決まるので書いても意味ないが、でかい雲は60pixel、拡大して細かく描く時は20~40pixel。
・ブラシの最小サイズは60%くらい。大きさをコントロールしたいのと、自然物が均一すぎると不自然なので、間を取ってそんな感じ。
・ブラシ濃度は100%。ペンタブの筆圧感知でさじ加減調整できるし。
・混色と色延びは共に20%くらい(デフォルト?)。あまりいじったことない。
・水分量は普段は30%前後で、馴染ませたい時は80%くらい。大雑把です。
「不透明度を維持」にチェック入れてます。
・ぼかし筆圧は33%。これ鉄則。ウソです。適当です。30~40%くらいです。
・花粉症の症状は鼻水鼻づまり、くしゃみ。今年はなんだか目もしょぼしょぼします。作業に支障が出そうです。



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 みちブ, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。