ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


怒って感情的になってる時の自分をコントロールできない。
怒る。叱るではなく、怒る。

怒り慣れてないというのは危険なことだ。怒っているという事態に慣れてないから自分が怒っていることに対して余計に興奮してしまう。怒りだけを純粋に取り出して相手にぶつけられない。「今自分は怒っている」と自覚し、それに対して真正面から向き合った上で冷静に怒ることができない。ただただ興奮して、語彙力が半減し、口調が崩れ、思考は回らず、言いたいことの半分も言えない。

怒りを顕わにすることはそうそう日常的にないし、怒るというのは一般的に「良くないこと」として意識下に刷り込まれてる気がする。真剣に怒ることはみっともないとか格好悪いというような。怒りや悲しみ、喜びは瞬発力のある感情で、文字通り「感情的」になっているのだから感情のままに表現すればいいと思われそうだが、「怒り」だけはそうではないと思う。(他の人はどうか分からないけど)私は一年のうちで「怒る」という感情を表に出すことは喜びや悲しみを体現する機会よりも極々少ない。だから怒り慣れていない。訓練を積んでいない。どう怒っていいかが分からないし、限度も知らない。

怒りはその矛先と量とタイミングのさじ加減を注意しなきゃならないと思う。
でなければ闇雲に対象を傷つけるか、自分の怒り(場合によっては意見)が対象にうまく伝達されない。(「対象」と表現したのは怒りの対象は人間以外にも、組織や物に対して向けられるものだという考えに起因している)

人に対して怒りを表明するならできれば「感情」に任せて怒鳴り散らすのではなく、
自分の内に宿った怒りを完全に理解・掌握した上で適切に「感情的」になり、相手に怒りをぶつけるのがいいと思う。矛盾に思えるけどそう思う。

感情的に怒るにはせめてそれを自覚・掌握した上で、冷静に、感情的になれたらと思う。
うまく書けないや、議論が前に進まない(・ω・`)



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 みちブ, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。