ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


歯いたいよぅ
もらった痛み止めだけじゃ足りないよぅ
ていうか歯が痛いわけじゃないんだった。
歯抜いたから歯無いっつーの。
抜歯したとなりの歯が痛い。気がする。となりの歯は健康なんですがね。これを知覚過敏というらしい。
痛みってとても現実的なものに思われがちですが実はとても曖昧なもの。右の歯が虫歯なのに全然関係のない左の歯が痛むことだってあるのです。そゆのは医者でみてもらうしかありません。痛みなんてそんないい加減なのです。苦痛は現実の代表的な産物とよく比喩されるけどその実体は捉えがたく雲を掴むような存在なのれす。痛感覚は現実の事象ではなく太古から刻まれた脊髄の記憶だということです。何かの本で読んだ。
記憶を照らし合わせて痛感を「再生」しているってことです。
オレはこういう話が大好きでつ。
よくその世界に浸る…いや潜っているんですがなんせ浮力が強いものだから油断してると現実へ浮上しちまうんですよね。精神世界へ潜るための何か「錘(おもり)」があればいいんですが、これも重過ぎるとよくない。現実に戻ってこれなくなる。つまり社会に戻れない。夢現の狭間で揺湯布(たゆた)うのが好(す)い生き方です。デザインもそうしたい。分野・業界間を揺湯布いその交錯域を捉えて放さない。そして捉えながら飼い慣らした魚を自分の領域内で「自由」に泳がせるのが酔(す)い。

「着地」と「着陸」など似通っているが厳然とした違いがある単語についての境界線に目を見張る時に使う思考方法というのは、私がデザインにおいて目指している思考方法と一部重なる部分がある。それはミクロとマクロの同時的視点による多角的判断です。問題を見直すには問題そのものよりもそれ以外に着目した方が全体像を捉えやすいという方法論です。
例えば(以下略 (・∀・)アハ☆



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 みちブ, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。