ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


とうとう薬(痛み止め)が手放せない生活になってしまいました。
毎朝痛みで目が覚める。
この痛みが手術をする12月下旬までずっと続くのか…試練?(・ω・`;)

痛みのせいでぜんぜん気力湧かない。講義全然集中できへんし、そもそも歩く時足からの振動が顎まで伝わって痛い時もあるからもうずっと寝ていたい。卒制もこれからまっしぐらに突っ走る時期なのに。かといって先に手術を済ませて一週間の入院を先取りしたって、術後の痛みや痺れが回復するまで半年から一年かかるらしいから手術を一ヶ月かそこら早めたって意味がない。そもそもスケジュールの密度が高くなってる今一週間休んだら、卒制仕上げられるかわからない。
退院後には今よりも高い密度になってるスケジュールをこなすことになる。今と術後のどちらが痛み強いかどうか分からないけど多分似たようなものだと思う。長期スパンで見れば術後の方が確実に回復に向かってるだろうけど、一ヶ月単位で、一週間単位で、一日単位で見ても違いがないのは確信に近い。

じゃあこの痛みに耐えて卒制頑張るしかない!
と進むべき道はもうだいたい分かってるんだけど
この肉体的苦痛は私の精神にも苦痛を与えるようだ。
24時間痛みと共にあったらそりゃ精神力も削れてくるというもの。
半年以上、卒制に私の全知識注いできたんだ。
冗談じゃない。
こんなことで卒制のクオリティ下がってたまるかと思う。反面もうずっと引きこもってベッドで寝転んで痛み止め飲んで寝ていたい。私の精神はまだ折れてないけど。折れてないけどあと一ヶ月耐え忍んでやり切れるか自信がない。イメージできない。

今のところ
私の中に選択肢が二つある。
一つは
耐え忍んで尚、卒業制作を今までの集大成になるように仕上げる。これは希望で理想で目標。そして私にとって困難な道。

二つ目は
手術の日まで耐え忍ぶが
卒業制作のクオリティを予定より大幅に落とす。
とりあえず形になって、目に見えるものにして、提出完了、単位をいただくのが目的。私にとって一つ目よりは平易な道。

最初から二つ目選ぶ気はないけど
精神挫いたら二番目になるだろうなぁ

とにかく視線だけは理想を見ておこう。
どんなに体が崩れていても
人は見ている方向に進もうとするものだから。



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 みちブ, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。