ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大学で何したとかそういや今まで
詳しく書いたことが無かった気がするので示す。

SpaceDesignⅣという実習で、
おそらく最後の課題が出ました。
課題は「3家族の集住体」

最後の課題に
今までで一番難易度の高いものを出してきました。
やってくれるぜせんせー 芽生える殺意。うそです
与えられたテーマのレベルがまず確実にアップ。
前回までは感覚的にやって多少誤魔化す余地がありましたが
今回は現実的な問題を見据えています。
今日本が抱える住居問題に直結していると言っても
過言ではありません。
進む核家族化、孤食、個食、高齢者の孤独死。
そんな時代背景に最早、家族単位で関わりあうことは
困難になってきています。
今は個々人という最小単位にまでクローズアップしなければ
人同士の関係性は可視化しないのが現状です。

多世帯住宅なら計画設計したことはあるものの
血縁関係のない家族間が結びつくような空間の提案は
今までにしたことがないのです。
その上、3家族ですから空間構成はより複雑であることが
予想されます。

人はいつも人と関わっていたいと思う反面、
一人でいたいと思う時もあります。
そんな個々人の都合が反映できる、緩衝体であり且つ曖昧で
しかも互いの関係性を最大限可視化できるような空間。
人との交流の場であり、ただの通路であり、
互いのライフシーン間の緩やかな見えない壁であり、
一方でそれぞれが自分の家に帰っていく動線に組み込まれた場所。
プライベートとパブリックの狭間。
すなわちプライベートとは何か、
パブリックとは何かを明確に認識する必要があります。
この空間を現状を見据えた上でいかに提案できるかが
今回の最も重要な課題であると言えます。

そして敷地の奥には急な傾斜。
前面道路と接する面積、隣家との距離、
ここに来るまでの道は狭いか広いか、
向かいの敷地は高い建物なのか、日当たりはどうか、
風の流れはあるか、騒音はあるか、あるとすればどの方向からか、など
周辺環境も考慮に入れ、三家族それぞれの家族構成と
そのライフスタイルを念頭に置きつつ、
互いの関わりを良好にする、あるいは快適にするように
自然に持っていける、そんな最適な空間を構成する。

結論:そんなことはプロに任せればよい。

はい。

追伸
姉歯建築士はとぼけたおっさんだと思う。
あのめがねを曲げてやりたい。
偽造計算した高層100階ビルの最上階に
一人で住まわせてやりたい。恐怖と共に暮らすがいい!!
揺れろユレロ~
なーんかみんな保身と責任逃ればっかじゃーん。
どこぞの偉い人が言っていたことをそのまま言ってみる。

スポンサーサイト

コンペティション出してほっと一息…してる暇はない。
まだまだせなあかんのがあったんや。
実は結構いやかなり遅れ気味、3週間分ほど遅れている。
4回生の方がいらっしゃってとてもパワフルな
即席プレゼンをされて、なんだかそれを見て私はエネルギーがわきました。
そつせー提出日が3日後に迫るなか
ごじゅういち(1:50)とにひゃくいち(1:200)のモデルを作らなければならないという。
そんな超切羽詰った先輩に比べたら私の
遅れなんて大したことないです。
周辺モデルの大きさが1800(mm)!?私の身長とほぼ一緒じゃん!
しかもプレゼンボードはB1パネル6枚かよ!
何このレベルの差は!!
私はまだまだ間に合うような気がしてまいりました。
もう三日寝てなくてギリギリの先輩を見て、
私はまだまだ起きていられるな、と。やるだけのことやるっつーのはこの先輩のことをいうのだ、と。
しかもコンセプト読ませていただいたが最強だ。何が最強ってまあとにかく最強。
図面60枚以上!?意識が遠のくわ!参った超参った。
今から50時間ほどぶっ続けでやれば確実に追いつくだろな。先輩に比べればまだ生ぬるいけど…

うぅやる気出てきたけどなんか大変だな…
四回生って…ていうかそつせー怖いなぁ就職もこわいなぁ
初めて吐いた学生の本音…

ちなみに生温いは、なまぬるい。
なまあたたかいは、生温かい。送り仮名が違います。


初期。
けどまゆみさんは好き嫌い言わずに現在でも一応食べる良いコです。偽善者です。天然理科少年が初読み。(「睡蓮」が出てくるとドキっとする)
・コンペ無事提出。てか無事プリントアウト。
何かを最後までやりきったのは人生初めてかもしれん
そんなはずないよな


一人暮らししてると
生活リズムの基準が分からなくなる。
時間軸の拠り所が揺らぐ。

一人暮らし、というか自活したい。

高校時代聞いていた曲を
もう一度聞いてみたら
あの頃よりも、とても心に染みてきた。
あの頃は気づかなかった。

今気づいてないことはなんだろ。
何年後かに気付くことになるんだろか


すです。
素です。
かなり素です。
素でやってますコレ。
だからすんごい楽。
人間割り切れば割り切るほど強くなる。

いつかは、
いつかは通称「赤い先輩」とここを結びたい。
というかまずご挨拶したい。
ていうかていうか、あぁ…「ていうか」言うな

「全然いい」ってやっぱりやだ。
言葉の乱れなんてことは絶対に言わない。
平安時代そのような用例もあったし。
ただ個人的にやだ。

ついでになんでもかんでも言葉の乱れがどうとかいうおっさんらもやだ。しかもそんなおっさんらに限って専門家だとか研究かだとかいう肩書きと共に名乗りやがる。言葉はずっと一緒じゃねーんだよ。ずっと変わり続けてんだよ。なんで決まりはないんだよ本来。汎用性があったり使いやすい言葉が生き残っていくんだよ。天皇とか国のなんか知らん偉い方々が「この言葉だめ、こっち。」とか選んで日本語が決まってるわけじゃねぇ。言葉は淘汰されてんだよ。その時代を映してるんだよ。映してるってのはつまり影響が表れやすいって意味なんだけども、必要性の有無関係なく新しい言葉が出てきて、そこから大衆水準で取捨選択や多数決的選別が行われてるわけさ。人間の寿命尺度で見ると、その変化なんて微々たるものかもしれないけどもさ。て言ってるオレの意見があってるかどうかなんて分かる術も、確証する手立ても今現在考えるところでは個人の行動範囲ではどうにもならないことであってつまりそれって問題かどうか、根本的に問題なんだよな。はは。
こんなもの読まなくてよいですよ。

この日記がずっと続いてるのなんて
赤い先輩のブログをずっと見て励まされてるからなのさ。それも一方的にこっちで勝手に励まされてるっつーこと。あぁ便利。
最近はメールいただいたことによるところが大きい(そうアナタです)
自分内で大反響。全米が感動した。
まだ返信できてません。なんか落ち着いてじっくり打ちたいのです。言い訳すんな。

ちょっと○○○っぽい書き方も覚えました。


メールいただいてたちまち復活!ありがとございます!
単純な睡蓮です。
日記は比較的早い反応だがメールは億劫ですご了承下さい
多少推敲してしまう癖がありまして。
なるべく一気に書こうと努めてはおりますが。

ウィンドウ三つくらい出して日記同時更新。
なんか悪いことしてる気分だ。
そんなに毎日ネタないっつーに。

最寄の書店のインテリアジャンルの棚を
よ~~~く見てみると
「住宅特集」「MODERNLIVING」「新建築」など
そうそうたる面子が揃っていた。
こ、こんな片田舎でこれら建築・インテリア関連書籍を
扱っているとは!!知らなかった
いつもでっかい書店か、芸大で買っていたのに
実は地元で売ってたなんて。。
でも背表紙しか見えない置き方なうえに
各一冊しか陳列されてない。
これ見つけにくいぞ。
そりゃこんな雑誌買う人なんてこの田舎にはいませんよ。
しかも高いし。
ただ平置き(表紙が見える置き方)されてるのが、
いかにも素人向けというか
ミーハーな雑誌なのがなんかむかつく。まいいんだけど。
いいんだけどさっ
「新建築」を人目につくとこに置いて購入されちゃったら
私が買えなくなるし。
まあなんだ、○嶋書店はこれでまだ利用価値は
ありそうだな、ということが分かりました。
画材をもっと揃えてほしいな。
スチレンボートがとくにほしい。


ぷへ


っとぉ
久しぶりにぎっくり腰になったぁ
そして風邪も引いたぁ
今日一日つぶれたー

日記かいてないでねろオレ。



ジェムケリーコンペ頑張るぞっと。

来年の実物部門で最強的なデザインを出せば
後々OPAに展示される。
そして商品化。
うひひひ



あんまり順調じゃない。



大部分割り切って日記書いてきたけど
やっぱり見てる人を意識した方が
いいかなーと思ったり。
私を知るとしたら
何が知りたいんだろうか

匿名でもいいので参考にさせてー(;´Д`)


↓200k以上あるので重いよ(・д・`)

100%DESIGNTOKYO

everythingお見通しテスト

ふむ。
今度からはサイズを小さくしてうp…じゃなかった
UPしよう。


ラブロマ抜粋

キレイな人間になりたいです
ねたまず そねまず
他人をいたわりたいです
でも
いつの間にか気が抜けて
自分のことしか考えない
自分が嫌いです


自分に正直になりたい
人に素直でありたい


コミケ行きたい。問答無用でなんとなく。
そして今日はどこかでコミケがあったはず。
インテかもしれないし違うかも。

コミケ。

友人がコスプレしてるとかいってたなぁ
テニプリのコスプレ。
男に間違えられるとのことなので
かなりハマりキャラなんだろうか。

コスプレ。

コスプレしてみたい気もする。なんでも試したい性分。
かといって 何に というのがない。
多分この時点でレイヤ失格なり。

スケブ。

私の黒いスケブには
三枚の絵が描かれている。
描いていただいた。
うち二人は初対面の人だ。
絵柄に一目ぼれしたので
緊張しながら頼んだ。全くあの瞬間は
なんというか居心地がわるいというか所在無い気分だ。
でも受け取ったときはうれしい。
すごくうれしい。通り越して感動する。

うち一人は我が偉大なる先輩、ぺ○ぽ○先輩(伏字かよ)
なんかもうあんまり会ってないものだから
とてつもなく美化されているおそれはありますが
気にしない。

このスケブを私の好きな人様の絵で埋めたい。
なんつーかわりと絵描きとして原点に戻ってる気分。
原点に戻るにはあの雰囲気がないとなぁ


年賀状が早くも駅前で売られているが
値段がお得なのかどうか私には判別つかないので
手は出してません。
毎年、恒例のように
「今年こそは早く出す」→「めんどくせ」→「間に合わねぇ!」
→「結局遅出し」
するという粘り強い性格の睡蓮です。

手描き拙絵でも送りつけてやろうかと画策するのだが
3枚目くらいで早くもクオリティに差が出始めるので
どうしたものか。

とてもワンダと巨像がしたい。
「ワンダの巨像」かと思ってたら間違いでした。
ストーリー変わっちゃうよ。
巨像に乗って闊歩するワンダ。
ずーんずーんずーん

友人宅でプレイ。
愛馬のアグロを弓で射ります。矢は無限です。
鬼のように射っているとアグロはたまらず逃げます。
そこで○ボタンを押してアグロを呼びます。
ワンダが「アグロー!」って呼ぶのです。
するとさっきまで主人に殺されそうになっていたのに
可愛くも戻ってくるのです。ほほぅ。なんて従順な。
そこでさらに射る。うひひひ
以下略。

アグロに乗ったまま射ることも出来ます。
抵抗されて振り落とされたりしません。
まあアグロにどんなに矢で攻撃しても
カキン!て感じではじかれるんだけどね。つよ!

とりあえず第一の巨像と出会いました。
でかっ!!
いろんなゲーム雑誌でご存知だろうと思いますが
気持ちいいくらいでかい。圧倒的に。これがいい。
巨像の体にしがみついてちょこまか動いて
頭まで登って剣をぶっさす!!
血が ぶしゅーーーーーーーーーーー
巨像、地に伏す。ずずーん
うへへ
やめられまへんなー

まあココではとてもじゃないが書けないような
残酷プレイもさせていただきました。
出血シーンがあるから一応規制があるんだろうか。
青少年の育成に悪影響を及ぼすからどうのこうの。
育成?教育だっけ?青少年の育成って別方面で悪影響が。
ワンダ買おうかな。でも買ったら課題そっちのけになりそ。

課題課題いってる自分がむなしいなぁ
なんだかとても小さな人間になっていくようだ。
課題がなんだ!もっと大事なことがあるじゃないか!

あ、でもやっぱり課題した方がいいですよねそうですよね。


センスは磨くもの。
そう教わりました。
異論はない。
けど磨き方が分かりません。
なんで分かりませんていってるのかも分かりません。
たくさんの物を見聞きして、たくさんの事を経験すると
よいのだ。
んなこたぁ私でも分かる。
でもなんかわからん。

以前から気になっていたインテリア雑誌を買いました。
よく見るとインテリア雑誌じゃねぇぇぇ!!
9割女性向けを意識したファッション系の
通販カタログでした。hacoっていう。
まいいやー見てるだけで楽しいし。300円だし。

ここ数年こういうシンプルな雑誌が増えてきたなぁ
写真雑誌もなかなか。
その分野に元々興味がなくても思わず手にとって
見てしまう。
でもなんで男性ファッション誌は
うるさいレイアウトが多いのだー!
表紙も主張しすぎず控えめで、無駄を極力省いた
もっとシンプルな雑誌ないかな、男性向けで。

あ、恋愛話でもしようと思ってたんだった。


私のいろんな事が減退しやすいように感じる。
今年初めて自覚した。

活動量が前期の二分の一以下になっている。
そのおかげで課題が全く進まない。
進まないよりもやる気が無い。
これはかなり問題。
でも日記は更新。

ココで日記書くようになった頃から
考えるとかなりの量を書いたが
一週間に一回くらいは自問しながら書いている。実は。
何のために書くのか。誰のために書くのか。
もうこれに尽きる。
もったいぶらずにアンチクライマックス法で書こう。
自分のために書いている。
一日を振り返るために、成長してるかどうかを見るために、
自分が何を考えているのかを自覚するために。
私は明確な夢はないが、小・中学校時代から
大まかなプランを持っている。
私はまず生きる時間を4つに分けた。

1 自分自身を知ること。
2 相手を知ること。
3 その関係性を知って動くこと。
4 未知。

1、
文字通り自分をよく理解する。
自分のことは自分が一番よく分かっているというが、
案外知らないものじゃないかな。

2、
相手とは、家族や友人はもちろん、
不特定多数の人間のこと。人だけでない。
自分以外のすべてを指す。社会といった概念も含む。
抽象すぎるかもしれないが、世界とか宇宙も含む。
自他の境界については深遠な議論がその道の専門家によって
なされているのでここでは省く。
だから哲学、宗教、文化、心理、政治、
あらゆる人間社会で起こる事件はほとんどが人間によって
行われる。
その仕組みを理解する。
自分でも何言ってるかわかりません。

ここからが人生の醍醐味だと思いますが
理解した自分と、ある程度推測した他人との
関係を知る。
どのように関わっていくのか。
極端な話、
人と関わると、愛したり、泣いたり、殺されたりする。
自分にとって素晴らしいことも最低なことも
起こりうる。

4、
どんなに世界を理解しようと努めても
不可解な部分は残るはずだ。
すべてが理解した通りであれば何も生まれないだろう。

1~4は大部分で順番どおりにこなす一方、
実際にはすべてが入り混じって複雑に連鎖する。

そして今は「1」の時期なのです。
自分を知る期間なのです。
もう6年くらい「1」が続いてますが、最低でもあと一年は
続きそうです。
だから私の日記は独りよがりで
コメントのしづらい日記なのです(・ω・)キイテナイ

(・д・´)ト、オモイマシタッ

ブログプロフ更新。ふーむ。


ものすごくデザインされていてかっくいー!サイトを
作っている友人のリンク先に行くと
やっぱりものすごくかっくいー!サイトに出会う。
とても嬉しい。

普通なら感情はここで止まるんだけど
私はそこから悔しくなってしまう。

あぁなんで私はこんなデザインができないんだ着想できないんだ
今までずいぶんと勉強をさぼっていたんじゃなかろうかと
思ってしまう
全然頑張ってないじゃないか
世の中にはこんなにも素晴らしいデザインをする人が
幾千幾万といるのに
私は昨日と変わらないレベルで足踏みしてる

そして私はやる気を出す。

そうか、こうすればさわやかになるのか かわいくなるのか
そういう可能性を私に与えてくれるデザインに出会うとやる気になる
まだこの世には素晴らしく美しくする余地がいっぱいあるんだな と。
踏み込める世界はいくらでも広がっているんだな と。

そして天気のいいこんな日は
昼寝したくなるんだよねぇ

あぁ~だからレベルアップしろって


ipod買おうと思ってたが
かなり不評意見も見つけてしまったので購買意欲減退中。
以前から思っていたが
ipodはその機能がすごいんではなくて
アップルのプレゼンテーションの完成度がかなり極まっているから
売れているのではないか。
小さい小さいといっても
あれくらいのサイズなら一年以上前からあるし
ipodよりもっと小さいプレイヤーは存在する。
それにも関わらずこの人気があるのは
実は「最先端」なのではなくてブランド力にあるのでは。
ipod nanoは薄いし小さいしとてもたくさんの曲が入る!
こんなもの今までなかった!そしてシンプルでかっこいい!と思って買う場合、それは単に他の商品を知らないだけである。
ipod特有の価値といえば、ここで言うなら「そしてシンプルでかっこいい!」
というところのみである。
消費者のファッションに対する「こだわり(※1)」などなどを源泉としたあらゆる感情を
アップルは超効果的に刺激してくるのだ。
消費者心理を思いっきり突いていて、かなり戦略的で賢いと思う。

私はipod(nanoも含め)の形状・機能云々よりも
その「演出」の巧みさに脱帽する。
この戦略にこそ私は「この商品はデザインされている!」と感じる。
それはデザインが、
機能の制約をクリアした上で生み出される美しい形状のことだけでは
ない、
むしろ「魅せ方」においてデザインが絶大なる効果を発揮すると
言いたいのである。

※1
人は他人と同じでありたいと思い、同時に他の誰でもない
自分だけの何かを身につけたいと思っている、らしい。
かっこよくなりたい、かわいくなりたい、個性的でありたい。
他の誰かより「いいもの」を持ちたい。
虚栄心を満たしたい、優越感を味わいたい。
そういった願望を満たすまでのプロセスの設定、
かっこいい自分をイメージしやすくするコミュニケーションデザイン、
宣伝ポスター、雑誌TV広告などの情報伝達媒体でのイメージ作り、
消費者の心理を動かす演出を作り上げるデザイン。
ユーザの心理はアップルのデザインした通りだ。
別にアップル批判してないので、アップルとは10年来の付き合いなので。
クレームはお断り致しませんがね!
そんなものが来たら即謝る姿勢ですよ私は(・д・`;)ノシ


私、頭痛がする上に耳鳴りもする
…キィィィィ…ンン…うぅ…やめてくれ……フィロス…
元ソルジャーの睡蓮です。

頭痛と耳鳴りが平常化していて異常に気づかなくなっている。
やばいぞオレ。
まだシティハンター7巻と15巻も友達に返してないし。
中途半端に借りたからストーリーが唐突だったり、
先が気になって気になってそれでも夜はぐっすりです。

私の本棚はジャンル関係無しにいろんな本が収まっている。
一番左からハンターの1~21巻まであり、
その隣がBLAME一巻、
「逮捕しちゃうぞ」4巻の表紙をまとっているが
実は中身が「あぁっ女神さまっ」一巻がある。
これは確か龍秀にもらった。
ということは龍秀んとこには
女神一巻の表紙をまとった逮捕四巻があるはずなんだが…
意味わかんね。
そしてその隣に「純粋理性批判」が…
買ってから2年くらい経ったけど全然読んでない…

幽白一巻の隣に「日本語の起源」とかがあって
全くケジメのない本棚。
ジャンル不問で結構面白いかもしれない。

※純粋理性批判より抜粋
或る対象を一つの概念のもとに包摂する場合には、
その対象はいつでも概念と同種なものでなければならない。
換言すれば概念は、その概念のもとに
包摂せられる対象において
表象せられるところのものを
自分のうちに含んでいなければならない。
対象が概念のもとに包摂されているという言い方は
まさにこのことを意味するからである。
それだから例えば、皿という経験的概念は、
円という純粋な幾何学的概念と同種である。
円という概念において考えるところの「円(まる)さ」は
皿という経験的概念において直観せられるからである。
(以下略)


まあ…仮に遠距離恋愛するとして
会うのは一年間で2,3回。
状況によっちゃ可能なんだなぁ遠距離は。
と思ってみたり。
私みたいな性格だと無理っぽいと思っていたが
こういう性格だからこそ遠距離の方が
適しているのかもしれない。

ここ一週間タイムマネジメントが杜撰。

なんか髪伸びるの遅くなったかも。


私の固定されがちな思考を粉々にした本がある。
その本の著者を中島義道という。
その中島義道が
新しい本を出した。
タイトルは「生きることも死ぬこともイヤな人のための本」。
うっわー
最高です。完全に急所ついてるよーセンセー
人の急所を。
この人の性格からして絶対にタイトル名に妥協はしない。
タイトルのまま、まっすぐに深読みしてしまってもいいと
安心できると思わせるその力量を知ってから
私は病み付きです。

常識を身につけている人ほど読んでほしい本。
この人の本を読んで
「何をチンプンカンプンな事言ってんの」と思ったなら
思考が見せかけの常識で大部分凝り固まってる可能性有。
1400円か…まあ文庫本になるまで待つわけで。

そいでヨーロッパの件ですが
ロンドンパリミラノでした。
11/15~12/15、1/1~2/16の間の出発が安く行けます。
この期間内のいずれかの日に日本から出発すると
安いってこと。
このスケジュールで行くと
私は来年1/1出発じゃないと無理そうです。
冬休み開始が12/25くらいで
冬休み終了して学校始まるのが1/7なので
1/1出発すると最大限向こうに滞在できる。
飛行機での移動時間に11時間ほどかかるから
まず移動で一日潰れると思っておくのがいい。
まず二泊三日とかは超忙しい。忙しいってか実現無理か。
最低でも四泊五日、、、五泊六日くらいは欲しいところ。
理想は一週間くらい

私の現状を考えると、準備期間に余裕がないから
もしかしたら立ち消えになるかもしれん…これが一番問題orz
(ちなみにパリは最近暴動が多発してるみたい)
先を見越していうならば
来年の3月くらいにもしかしたらまたチャンスがあるかもしれない
あるかもしれないってことはないかもしれない…ってこと。はぁ…

私が知っている海外旅行知識(注:初歩しか知らず)
基本的に料金が安くなる条件
・過ごしにくい時期(寒い冬とか)
・世間の人達が学校行ったり会社勤める時期
夏休みとか長期休暇などは旅行客が最大だが料金も最大。
会社や学校がある「普段」な時期の方が安い。
最大と最低でどれくらい差があるかというと4万とか。
場合によっては10万近く違ったりする。同じ国なのに…


来る度に上の写真が変わるらしい。
歩行者の足ブレ写真が気に入ってたのに…
固定じゃないのかよ。電車ブレ写真も好みだ。
ブレが好きなのか私は。僕は。オレは。どれだっけ。

こんなに連休が続くと怠けてくる。
いつんなったら成長するんだ
って他力本願やめれー


そういえばhouse stylingから
企業案内のパンフもらったことを思い出した。
パンフを見て住所を見ると…新宿かよっ
今まで場所性について考えたことなんてなかった
ずっとここにいてるから。
でもここはいろんなものを見るには不便すぎる。
だからもっと都会に出てもいいのだけれど。

こだわりとかないから関西じゃなくて東京でもいい。
極端な話、国内じゃなくてもいいと、、
思ってみたが、それは何かがひっかかる。
何が引っかかるか今はまだ分からないが
多分この感覚が場所性に対する基本的なこだわりか
または土着的でありたいという気持ちの表れなのかもしれない。
今ものすごいあっちに行きたいって欲求あるが。

あーもういろんなことがめんどくさい。
学業が一番めんどっちー。学生失格だぁははは
学業なければもっとバイト入れて金貯めて
あちこち行けるのに。と言い訳するのは私、いやです。

今実習を一つ捨てればかなりやりたいことができる。
実は私、バイトって嫌いだったけど(労働が嫌いなのか)
最近は働かなさ過ぎて気分が逆流しておる。
性格的には絶対警備員とかが向いてると思うんだがなぁ。
怠けたりしないし。
ただ体力ないんだよなオレ…
小学生だった頃のオレと50m走で勝てる気がしない。
あの頃が一番相対的にすばらしいコンディションだった。

私と一緒にパリかローマかロンドンに行くパートナー募集。
年末年始辺り。
通常の方法で向こうに行くよりは
破格的な料金で行けることを約束する(場合によっては半額以下)
別に違法な手段は使いませんので。
ただしいずれかの条件に当てはまること
1睡蓮と友人である
2これから友人になる予定

さらに以下の条件を満たすと睡蓮がかなり喜ぶ
3英語、フランス語、イタリア語のいずれかに堪能、あるいはすげー好きな人
4座右の銘が「ガンガンいこうぜ」な人
5海外旅行に慣れてる人
6「睡蓮の旅行費くらい奢ってやるぜ!」という太っ腹すぎる人
突然、この話が無かったことになる場合があるのであしからず。

半分マジで半分期待してない。


日記のネタ、今日も全然ねぇなーと思いながらも
日記打ち始めるとあることないこと(※1)スラスラ打てて
しまう天才的なオレ様ですが
それでもやっぱり近年まれに見るネタ不足の秋です。

でもそういや俺様ってば旅行してきたじゃん。
これ一日を一回分とすれば4日分の日記を書けるぜ?
てわけでキャラ間違いで始まる待望の後日談。オレが待望。
まず一言断っておきますが、公式な出来事しか書きません。
どういうことかというと、見る人によっては
「あ、こいつ何言ってやがる」と非難轟々の恐れ有りだからです。
別に私悪いことしてません。ちょっとしただけです。
誰が見ても困らない日記にしておきます、と。

一日目。
夜行バスで出発。
なんとこの日の昼間にホテル予約取った逞しいオレ様。
宿泊日前日でも取れるってすばらしーん。
ミラクル軽い荷物を持って窓際の席へ。
隣には40代の会社員。
新宿に着くまでの8時間、
すわり心地の悪さとか寒さとか興奮して眠れないとか
真っ暗で本も読めない上にカーテンも開けられないから
景色も楽しめねーオレ様超暇!とかの沢山の苦痛に耐える。

二日目。
新宿西口(付近)に到着。
早速途方に暮れる。早朝。
一緒に降りたアメリカ人も熱心に地図を見てるぜ。
数分迷ってから各々乗客は方々へ散っていく。
なんか下車した乗客は比較的南方に向かう人が多いので
ついていってみる。そして見失った(・д・;)
仕方ないのでまじめに地図を見てみる。
とりあえず駅はわかった。後は電車に乗るだけだ。
でも現在朝の6時半だ。
このまま会場がある渋谷に行くと早く着きすぎる(開場10時)
この時間をどうやって潰そうかと迷った挙句
迷子になってみようと思いつく。
迷子になれば時間を潰せるはずだ、と。何考えてんだ。
迷子になる前にマックを発見。朝マックしてしまった。
満腹になったところでバカな考えがどっかに飛んでいきました。
もういいや渋谷に向かおう。
渋谷7時着。
早すぎます。暇すぎます。
渋谷から外苑まで歩く(※2)
7時半神宮外苑着。
もう全然することがない。開場まで2時間半…
ベンチでず~~~~~~~~っと座ってた。
そしてすずめを眺めたり日向ぼっこしてました。
まだ外苑前の噴水すら噴出してない。
人がほとんどいねぇ。
まあこんだけ早く着いたので
このイベント初日にして先着10名以内くらいで
会場に入った。何気にすげー
まあ先着3万名様に与えられるオリジナルデザインらしき
手提げをもらった以外は何もいいことはないけど。
開場が20分ほど遅れて私の前の前に並んでたおっさんが
行動力を発揮して「なぜ遅れてるのかみんなに説明しろ」と
スタッフに詰め寄っていた。
どっかの先生っぽいオーラがあった。
その先生の前にいたカップルがとてもかわいかった(※3)
どうでもいい。

10時半入場。
5時間ほどかけて見る。見る。見まくる。
京都芸術なんとかーの学生の話を熱心に聞く。異常に聞く。
相手が話すことなくなって気まずくなるまで聞く。
おら、言ってみろよ。ひど。
なんかうちの芸大のクラスメイトに出会う。軽く挨拶。
いや、大阪の知人に東京で偶然出会うっつーのは
軽い感動ですよ。
まあ今回はデザインTOKYOの会場だったから
出会う確率はかなり高かったわけだけど。

そして後は非公式活動。

一応ホテル泊まって寝た、ってことで。

※1
あることばかりです。
※2
行きは渋谷からメトロ線があることを知らずに歩いた。
帰りはもちろん外苑前で乗って渋谷まで帰りました。
結構歩いた。
渋谷駅南口あたりできゃぴきゃぴしたのが見れたので
まあ…ね。
※3
ん…だめだ顔思い出せないや、残念。


久しくラデンとそのパートナー(名前未定)を描いてなかったので
今日はツーショットで一気にかいてみた。
ラデンには私が普段かぶってる帽子をかぶせてみました。
うーむ、久しぶりになんとなく自分が好きな絵を描けた。
かなりガシガシと描いてごまかしてるとこあるが・・・

この二人はこんなに身長差があったのか、むー
仮にラデンの身長を190としたら
パートナーは165~170くらいか。。。高すぎるな。
パートナーの女性は140~150くらいが
当初(4年前)のイメージだったと思い出した。
どう考えても身長比較したらおかしくなる。まいいか。
この絵が更新されるのは例によって来年か…!?

先にコントラバス奏者を更新しなければ・・・
てか「絵」を確認してみたらまだレンゾピアドまでしか
出してないんだなオレ。
まだバフリ・シクトリッヒもアシンプ・トルトーも
出してないっつーのはオレ、かなりめんどくさがりだと反省orz
なんかもう絵の鮮度がゼロだ。
描いた時期と更新時期のタイムラグが今最大で
9ヶ月ありますごめんなさい。絵腐ってますね。
でも描く量は高校時の1割くらいになってるので
画風が著しく異なるということはない。
その分成長もないんですが!

高校文芸部現役の頃に
私が描いたせみヌードな絵が載っている奔流を探しているが
ぜんぜん見つからない
所在不明なのは不安だ。

holygate開設当初と違ってここに来る人は
多分いろんな制限をもうこえてる方々だろうから
セミなイラストも問題ないだろう…ないよね。

あーもう恋してるから課題が手につかねーぜぇ
って先生に言ったらおこられるかな

あ、東京後日談は…


まあ…なんか呼び名が増えた~♪
楽しい事が沢山あって、大切にしたいと思った。
だから胸の内に閉まっておこう。
こういうのって久しい


出来事よりも考えた事が多すぎて記せねー

オーストラリアンフォーメーション?


よーし
腰痛かったけど鍼灸師の資格持つ知人に
針さしてもらったー
実際は刺さってない、接触針だ。

もうくすぐったくてぐったり。
気づいたら一時間経ってた。

んじゃ
あくまで仕事でとうきょー行ってくる


再来週から、バイト頑張っていつもよりシフト入れてみた。
ドキドキ・・・

長時間移動は久しぶりなので
時間潰しのための道具など今更ない。
昔はゲームボーイをよく持っていってたが。
今はPSPか?ipodでもいいが。
今の私には小説という選択肢もあるんだなぁ。しみじみ~
中学校までは「文字だけなんてつまんね!小説は絶対挿絵がほすぃ!」と
思っていた私ですが、今は挿絵があるとかえってイメージが
損なわれてしまう場合がある。
あぁ、成長したなぁ(したか?)
考えてることは小学生から今まで9割変わってない。
小学生にしてすでに二十歳の思考を持っていたのか
小学生の思考のまま二十歳になったのかは不明。
後者が有力説。

んでー

龍秀(のブログ)がすっごい黒くなってる。
それはもうイカスミのように黒く。私の腹黒さほどではないがねっ。
そして日記が無いという無の境地!!!
くっ すべて予定通りというわけかっ

んでー

今までの旅行(?)の中で
最も荷物が少なくなりそう。
中学校の9泊10日の研修の記憶が強すぎて
一泊だけというのは何か物足りない。
見たいものは腐るほどあるが
なんとか絞っていく。むしろ
ひゃくぱーでざいんとうきょーだけにする。

所要時間20分。



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2005 みちブ, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。